2011年は市民マラソン元年になりそうだ。

いつの間にか”都市型大規模マラソン”があちこちで
誕生しているんですね。

2007年に始まった東京マラソンも今年で5回目、年々抽選倍率も上がり
大成功を収めています。
それが呼び水になったのか、全国各地で数万人規模のマラソン大会が
誕生しています。

今年10月31日には『第一回大阪マラソン』が開催され、現在、
3万人の市民ランナーの応募受付最中です。

東京マラソン同様、こちらも2月15日に受付が始まり翌16日には定員を
超えてしまったようです(苦笑)

更に11月20日には定員2万人の『神戸マラソン』が開催され、来年3月には
エリートランナーしか参加が許されなかった名古屋国際女子マラソンが
『名古屋マラソンフェスティバル(仮称)』としてリニューアルするようです。
(※1万人以上の規模としては世界初の女性限定の大会)

参加標準記録のレベルの高さから国内どころか世界屈指のマラソン大会と
言われる『福岡国際マラソン』でも署名活動が実施されているようなので
近々、同じような発表があるかもしれません。


20世紀はフルマラソンと言うと実業団選手のようなタイムと順位を狙う
エリートランナーだけでなく、エリートランナーがでるもの
されていたけど、多くの市民ランナーが誕生した事でその敷居が
グッと低くなったように思います。

制限時間がフルマラソンで7時間になった事も影響していますね。
7時間なら’6km/時間’よりちょっと早いくらいのペースですから。
市民ランナーの中には大都市の名所を見て回る事が楽しみな人もいるでしょう。

東京・大阪の中心部の道路を多くの市民ランナーが走れる時代が
来たんだなぁ。
2011年は”市民マラソン元年”になりそうです。


何か凄いなぁ、企業スポーツが次々と廃部・撤退する中で
マラソン大会は次々と誕生し、遂には年に数回’都市型大規模マラソン’が
開催されるなんて!!


posted by ランナーKAZU at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。