Qちゃんお疲れ様でした。

女子マラソンの一つの時代の幕が下りような気がします。
それは突然に・・・

Qちゃんの愛称で多くの人から親しまれた
高橋尚子選手の引退表明、いつものQちゃんスマイルで
記者会見場に現れたQちゃんは、

「本日を持ちまして引退を決意しました」

と、引退宣言をしました。


北京五輪への出場の夢が叶わなかった後、Qちゃんは周囲の
度肝を抜くような発言をしました。

「今まで応援してくれた人たちに報いるために、
 国内三大女子マラソン(大阪・東京・名古屋)に
 出場する」と。

今までこの地をどのくらい走ったんだろうか?
慣れ親しんだ米国ボルダーで調整をしていたようですが、
プロ高橋尚子としての走りができない事から、
引退を決意したようですね。

本当なら「Qちゃん、お疲れ様でした!」と
言ってあげたい気持ちで一杯ですけど、大のQちゃんファンの
私としては複雑な気持ちです。

寂しいなぁ・・・野口みずきや渋井陽子との直接対決を
一度でいいから見たかった。

ロンドンオリンピックに限界まで挑戦して欲しかった、
それは難しくても、次の世界選手権までは。
でも、本人が「プロとしての走りができない、完全燃焼です」と
言っているんだからそれは尊重しないといけませんね。


レース後には必ず応援してくれた観客に礼をして
笑顔を振り向いていたQちゃん、あの笑顔がレースで
見られなくなるのは残念だけど、今後は普及活動

そう、Qちゃんは笑顔が本当に素敵だ。
そして、誰よりも走ることを愛している。

今後は、「走る喜びを多くの人に伝えていく」そうです。
本当にQちゃんは走ることが好きなランナーだったと思います。
それは彼女に関する著書からも見て取れました。


人の一生の何倍・何十倍も黙々と走り続けたと思います。
プロとしての高橋尚子は引退しましたが、
「50、60になっても『ジョガー高橋』として
走り続けていきたい。」と言ってくれました。

今後はコレまで以上に走ることを自らが楽しんで、
周りへ伝えっていってほしいですね。

Qちゃん、本当にお疲れ様でした。

どこかの大会で会えるといいなぁ。


posted by ランナーKAZU at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。