そして、僕らは風になる(田中渉 著)を読んで

ぐぅ〜たらなGWを過ごしています。
何だか調子が上向かないなぁ。

とは言え、次に出場する”第1回スポーツの森ロードレース”が
2週間後に迫りました。

5kmの部に出場するんだけど(10kmは定員オーバー)、考えてみれば
駅伝以外で5kmを走るのって・・・10年ぶりくらいかも。
翌週にある”谷川真理駅伝”の調整として走るんだけど、
どのくらいのタイムが出るかなぁ・・・


気分を上げたいから前々から気になっていた本をアマゾンで注文
しました。

それが『そして、僕らは風になる』(田中渉 著)と
いう本です。

副題は

”走ることから学んだ夢をかなえる方法”

こう見ると、自己啓発のような内容なのかな?と思う人がいる
かもしれないけど、世にある俗に言う自己啓発本よりはるかに
面白い本でした。


主人公は2人、
死を決意した年中サンタクロースの格好をした30代の大羽澄人、と
難病を抱えているために高校生とは思えない小さな身体のケンケン
です。

ひょんな事から大羽はケンケンの練習を見守る事・・・

瀬古利彦・エミール・ザトペック・フランク・ショーターなどの
往年の名ランナーから谷口浩美・有森裕子・高橋尚子などの最近の
ランナーが発した名言と言われる言葉を紹介しながら、大羽と
ケンケンは過酷な運命の壁に立ち向かっていきます。


2時間ほどで一気に読んだんだけど、ランナーの人の読み物ではなく
誰が読んでも楽しめ泣ける本だと思いました。





夢をかなえる方法、それはマラソンと関係していました。
どの言葉も素晴らしいものばかりですが、私が印象に残ったのは
『こけちゃいました』でお馴染み(?)の谷口浩美さんのこの言葉。

”スタートラインに立てない選手は負けなんです”

読書好きな人は是非読んでみて下さい。
posted by ランナーKAZU at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彩湖フルマラソンの結果、初めてリタイアしようか思ったよ・・・

8年(9年?)ぶりのフルマラソンは惨敗に終わりました。

昨年開催された”第一回彩湖エコ10km”で優勝できた縁起のいい
コースだったけど、今回は地獄のコースとなってしまいました。

110409_073005.jpg 110409_073020.jpg


雨はほとんど降らないのは助かったけど、物凄い強風の中でのレース、
彩湖フルマラソン&ウルトラマラソンは”1周=4.652km”の彩湖周回路を
フルが9周、ウルトラが15周するレースだから、常に追い風か向かい風と
いうレースコンディションでした。
この風が半端なかったです・・・

結果は3時間23分39秒(部門別20位/総合32位)

まともなレースが出来たのは5周目くらいまでだったなぁ。
残りの3周(約14km)は本当にきつくて、脚は動かない背中は痛いで
歩いてjogの繰り返し。

最後の一周に差しかかった時、本当に棄権しようかどうか迷いました。
でも、タイムを残したかったから歩いてでもいいや、と開き直り
何とかゴールしました。


110409_073500.jpg 110409_073329.jpg

反省は幾つかあるけど、やっぱりオーバーペースが一番の原因でした。
レース前は3分50〜4分/kmくらいで前半を刻んで後半にペースアップできたら
する予定でした。

が、スタートしてすぐに先頭集団に加わったんだけど、
思ったよりペースが遅く感じられました。

1kmの通過が5分を超えていたので『マジか!?』と思い、集団から
前に出たのが失敗でした。
今にして思えば、あの時の1kmの表示はウルトラ用のものだったと
思います。
(※フルはウルトラよりスタート地点が327m後ろなので)

結局最後まで自分のペースは分らず、知らず知らずのうちに
オーバーペースになっていたような気がします。

5周目が終わるくらいまでは先頭集団にいたんだけど、走りながら、
『こりゃ、最後までもたんな』と弱気に。
ちょこちょこアップダウンがあるコースなんだけど、段々と
上りの時に脚が上がらなくなってしまい限界でした。


久々のフルマラソンは洗礼を浴びてしまったなぁ。

せっかく完走後はたらふく飲む予定だったけど、それどころではない
ダメージでした。
帰りの電車で立っているのが辛いの何のって、おまけに吐き気が・・・


何とか家に辿り着いたらそのままバタンQというあり様。

日曜日は完全休養にして、昨日から練習を再開。雨がちょっと心配
だったけど多摩湖自転車道をゆっくりJOGしてきました。
まだ身体のあちこちが痛いけど、緊張から解放されて気持ちよく
走れました。
posted by ランナーKAZU at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大会結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6回戸田・彩湖フルマラソンまであと3日

ホットココアが美味しぃ〜!

禁酒4日目です、そろそろ禁断症状が・・・(笑)
このくらいが不思議と一番飲みたくなるんだよなぁ。

第6回戸田・彩湖フルマラソンまで一週間を切り、練習も
調整となっているんだけど、月・火と中途半端に寒かったなぁ。
あのくらいの寒さが一番嫌いじゃ!

ゆっくりのJOGでも適度な汗をかいてしまうから、練習終りに
身体が冷えてしゃぁ〜ない。
でも、今日からまた気温がグンッと上がるようで嬉しいです。
寒の戻りももう終わりだろうか?


前回のレースから(=コチラ)4ヶ月、どのくらいで走れるかなぁ?
しかもフルマラソンは8年ぶりくらいかな。


30km走はほぼ毎週行ってきたからそこそこは走れると思うけど、
個人練習ばかりだから、競る練習をしていないのが不安だなぁ。
本当は走力のチェックと大会の雰囲気を思い出す為に調整レースを
一本予定していたんだけど、震災の影響で大会が中止になってしまった。

ブッツケ本番だな、こりゃ。
でも、走らせてもらえるだけで幸せですね。
RUNNETを見ると被災地だけでなく多くの大会が中止や延期となっています。(ココ


正直、彩湖フルも中止になるかも?と思ったけど、
開催を決断してくれた大会運営者には感謝です。
(あいにくの雨天での開催となりそうですが)

あとはベストなコンディションで大会当日を迎えるのが
ランナーのやるべき事ですね。



彩湖フルの翌日は東京都知事選なんですよね。
何だかちっともそんな気分になれない・・・と言うより
候補者の声が聞こえてきませんね。

街中には選挙ポスターの立て看板はあるけど、肝心のポスターが
貼られているのは5人ほど、候補者は10人超えていたと思うけど。


ハッキリ言って、現職の石原氏にアドバンテージがあり過ぎです。
選挙活動が自粛されている中、石原氏は現職の権限を活かし存分に
アピール出来ますからね。

『天罰発言』で多くの非難を浴びながらも、ハイパーレスキュー隊の
活動報告会では涙しながら彼らを労いました。
政府に対しての抗議もありましたね。

私としては4選には反対なんだけど、都民はどんな判断を下すんだろうか?
posted by ランナーKAZU at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルマラソンを完走しただけでギネス記録!?

もちろん、ただフルマラソンを完走したからと言って
ギネスに認定されるわけではありません。

Kelly Gneitingという方がギネスに認定された理由、それは

”マラソンを完走した最も重い男”

としてです。
Kellyさんの体重は約400ポンド=約181kgもあるそうです。

信じられな〜い!
普通に考えれば身体のどこか(特に”膝”)を故障しそうなものだけど、
見事に9時間48分52秒という好記録(?)でフルマラソンを完走しました。

因みに、これまでのギネス記録は275ポンド(約125kg)でその記録は
”11時間52分11秒”と言うから大幅な記録更新です。

ちょっと古い話になるけど、東京マラソンで意識不明に陥った
まっちゃん(松村邦洋)が走った時は100kgほどでした。
Kellyさん、よくぞご無事でゴールしましたね!

でも、どうしてこの体重でフルマラソンにチャレンジしたんだろう??


話はガラッと変わり、目の前まで近づいているのに春がなかなか
来てくれませんね。
今週は火曜日は雨、水曜日は霙(みぞれ)の中での帰宅となりました。
火曜日の雨は小ぶりだったからそれほど影響はなかったけど、水曜日の
霙(みぞれ)は強烈でした。
自転車で傘も差さずに帰宅していたら顔が痛いの何の!気付いたら
コートにうっすら雪が積もっているし・・・最悪でした。
おまけに、あと家まで3分くらいの地点で止みやがった!?

人生ってこんなものだよなぁ、とホットココアで身体を温めながら
しみじみ思ってしまったよ。
(友人からは日頃の行いが悪いから、と言われてしまったけどね。)

ちょうど先日、相田みつを美術館に行ったからなぁ。
そうそう、美術館が相田みつをの作品を一点、ブログやサイトに
掲載してもいいという許可を出しているのでご紹介します。


mitsuo@.jpg

※(c)相田みつを Mitsuo Aida


お米やトイレットペーパーの次はお水ですか?
上のメッセージを噛み締めてみましょう!


posted by ランナーKAZU at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民ランナーの台頭、実業団選手はぬるま湯に浸かり過ぎでは?

わずか4日前の東京マラソン2011開催日はあんなにポカポカ陽気だったのに
えらい寒の戻りですね。
週末の金曜日、今日は更に冷え込んで最低気温は0度を予想しています。

でも、3月に寒の戻りがあるのは邪道ではなくむしろ王道のようです。
春と冬のせめぎ合い、春が勝つのはいつ頃だろうか・・・


とは言え、約一ヶ月後にフルマラソンを控えている私にとっては
早く気温が上がって欲しいんですけどね(願

昨夜の練習は武蔵野中央公園でスピード練習です。
最近はコンディションがすこぶる良いです。
寒くて最初の3本目くらいまでは身体が硬かったけど、段々と
身体もほぐれ足の運びもスムーズに動いてくれました。

でも、絶好調の時こそメンテナンスが重要ですね。
ケガだけは注意しないとなぁ。


大きなマラソンレースや今回の川内優輝選手のような大活躍した時は
スポーツ新聞を買うようにしています。
今回は東京中日スポーツを買ったんだけど、誌面を読んでいて
またまた驚いてしまいました。

そこにあった見出しには

『本紙記者ロンドン五輪選考会へ』

とありました。
詳しく記事を読むと、誌面上で陸上競技のコラムを担当している
川村庸介(31)さんという記者がロンドン五輪選考会に出場する
条件をクリアしたそうです。
その記録”2時間27分52秒”という素晴らしいものでした。

フルマラソンで2時間30分を切る純粋な市民ランナーは全国に
どれくらいいるんだろう?
川村記者のこの記録、日本人女子でトップとなった初マラソンの
樋口紀子選手(ワコール)や男子の本命とされていた藤原新選手(レモシステム)の
記録より良いんですよ!

記者という忙しい職業でどんな練習をしていたのか気になる所です、

どうやら川村記者は東京中日スポーツのランニング企画
『小出ランニングアカデミー』を構成し、”記者時々ランナー”という
コラムを執筆したの縁に小出門下生としてトレーニングを積んでいたようです。

マラソンは走る度に自己記録を更新し今回で4度目だったそうです!?
学生時代にやっていたのかな?

記事にも書いてあったけど市民ランナーのレベルもどんどん
上がっていますね。
ホント、実業団選手は危機感を持った方がいいですね。


posted by ランナーKAZU at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。